新人のための歓迎会なのに開催辞退!?驚きの理由

TC160130090I9A6530_TP_V

ある大手の会社に勤めている方から伺った話です。地方では有名な大きな会社です。

4月入社の新入社員が入ってきたら先輩社員が行う通常の年間行事として、歓迎会をするのが今でもあたりまえの行事となっているそうです。

新入社員の本当の姿や性格などを掌握するという人事的な意味もあり、みんな参加しておこなっていたそうです。

それがここ数年の新入社員の考え方かなり変わっているとの事。

テレビのコントや週刊誌などに書かれている事が本当に起こるとの事です。

新人からの開催辞退!?

その驚くべき事とは、新入社員を迎える歓迎会のような宴会を開くから来るようにと言うと、そのような事はしなくていいとの話になるそうです。

それも当人が言うのでなかなか難しい。

上司という立場で面接室で圧力かけるとパワーハラスメントになるので、おだてて出席するように促すのですがなかなか乗り気にならないみたいです。

ありがたくないんでしょうかとその方は話されました。

確かに今の世代の方々は、単独で動く事を好んだり、好みの友人とは飲酒や食事をするとの事ですが、他の人とは好まないと聞きます。

それが、実際に目の前で起こっているのです。

注意点としてすぐ辞めて転職などの話もありますから、丁寧におだてて参加させるそうです。

見ていてもわかるくらい喜んでは来ないとの事です。

部活を学生時代していた人においては学生時代のしつけられた事が身についているのか乗りがいいです。

上下関係もよくわかるようで、先輩社員の言われる事をきついながらもついてくるとの事。

最近の新入社員は、宴会時においても、飲まない食べないという人が多く、無理に飲ませるとすぐに酔っぱらうという社員が多くなったとの事。

二次会に繰り出そうとみんなで乗っていると、僕は帰りますですよ。

びっくりです。それも当たり前のように言うのですよ。どうしましょうという感じです。

よくゆとりという言葉を使いますが、少しは付き合えよと言いたいです。

それも、最初の新入社員の歓迎会ですよ。

こちらの考えが間違っているのでしょうかね。と話されます。

話をうかがっていると、我々の頃は無理についていく時代でしたので、はっきり言える時代になったのはある意味ありがたいのですが、ただ時と場所があるので難しい時代になったなと感じる今日この頃です。